So-net無料ブログ作成
ミリタリー(戦記) ブログトップ
前の10件 | -

╬ German Panzers ! ╬ [ミリタリー(戦記)]

╬ German Panzers ! ╬




Der Ostfeldzug - Die Schlacht am Dnepr 1943 [ミリタリー(戦記)]

Der Ostfeldzug - Die Schlacht am Dnepr 1943




Der Ostfeldzug - Unternehmen Zitadelle 1943 Teil 2 [ミリタリー(戦記)]

Der Ostfeldzug - Unternehmen Zitadelle 1943 Teil 2




StuKa Ju 87 [ミリタリー(戦記)]

StuKa Ju 87



逆ガル翼の複座機で固定脚が外見上の大きな特徴で、急降下爆撃機らしいガッシリとした武骨なフォルムをもつ。急降下爆撃の機動に耐えるため機体構造が頑丈で、整備も容易であったため反復攻撃をこなす事ができる実用性に富む機体であった。逆ガル式の翼が生み出す下方視界の良さと、安定した急降下性能のため、精密な爆撃を行うことができ、急降下時にサイレンのような音を立てることから連合国側からは「悪魔のサイレン」の異名で恐れられた。後に機体に小型プロペラにより駆動されるサイレンを取り付け、標的となった陣地などの敵兵を恐慌へと追いやり地上部隊の進撃を爆撃と心理面で援護することになる。しかし、大戦も後期になると逆に航空優勢な連合軍に対してサイレンの効果が薄れたためサイレンを取り外し、台座だけが残っている記録写真もある。
頑丈、すなわち重い機体構造という急降下爆撃機の特性ゆえの弱点があり、低速、鈍重で防弾設備が貧弱だったため、空戦能力は低く制空権を確保した状態での攻撃にしか適さなかった。また、燃料搭載量にも機体の重さのしわ寄せがいき、航続距離が短く行動半径が狭かった。
開戦当初のJu 87は大きな戦果を上げたのだが、ドイツ空軍上層部は能力を過信し、「急降下爆撃こそが至上の爆撃である」と誤った認識をもった者も多かった。特に、ドイツ空軍最高司令長官ヘルマン・ゲーリングの"急降下爆撃熱"はひどかったと言われている。そのため、戦略爆撃機He 177を含めた水平爆撃を任務とする機体の多くに急降下爆撃能力を求めたり、戦略爆撃機、後継機の開発を怠るなど開発に悪影響を与えた。また、その認識の甘さはバトル・オブ・ブリテンでの大損害を生む原因ともなった。
1942年頃から陸上では単発爆撃機は活躍の場を失いつつあり、ドイツ空軍でもFw 190FやGなどの対地襲撃機・戦闘爆撃機型が登場しているが、旧式化したJu 87もダイブブレーキを外し、襲撃機として生産され続けていた。

wikipediaより引用
(参照:https://ja.wikipedia.org/wiki/Ju_87_(%E8%88%AA%E7%A9%BA%E6%A9%9F)


Battle for Caen 1944 [ミリタリー(戦記)]

Battle for Caen 1944

ヴィレル・ボカージュの戦いは、第二次世界大戦中の1944年6月13日、フランスのカーン(Caen)南方の村、ヴィレル・ボカージュで行われたイギリス軍とドイツ軍の戦闘だそうです。

イギリス軍がドイツ軍の攻撃により多大な損害を受けたそうです。

詳しくは、こちらで・・・




前の10件 | - ミリタリー(戦記) ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。