So-net無料ブログ作成
SU-35の製作 ブログトップ

SU-35のバッテリーのコネクターの交換について [SU-35の製作]

 SU-35を製作するために、少しずつ準備しています。

s-P1030449.jpg

キットの中身を見ていたら、アンプのコネクターが5.5㎜ピン(オス)になっています。

s-P1030566.jpg

s-P1030567.jpg

バッテリーは、コネクターにディーズコネクターが付いてます。

このままでは接続できません。

ラジコン1に問い合わせたところ、製品の中にバッテリー用の5,5mmゴールドピン(メス)が2個付属しているので、バッテリーのコネクターを取り外して、その5,5mmピンをご自分で半田付けして付け替えるそうです。

恐ろしい・・・!

バッテリーの規格は、

  s-KT37006s35c.jpg

  TURBO35 Li-po バッテリー6S 22.2V 3700mAh 35-70C

   TYPE: Li-Po : 22.2V-LiPo3700mAh-35C
   NOMINAL CAPACITY (mAh) : 3700mAh
   NOMINAL VOLTAGE (Volt) : 22.2V
   CHARGE CURRENT (A) : Max. (5C)
   CHARGE VOLTAGE (V) : 4.2V
   DISCHARGE CONTINUOUS(A) : Max. 259.0A(70C)
   DISCHARGE VOLTAGE (V) : 2.8V
   CELL DIMENSION : 135mm*44mm*45mm
   WEIGHT : 556g

です。

ピンプラグをうまく絶縁チューブで絶縁しないと恐ろしいことが起きますね・・・。

アンプ側を、ディーズコネクターにしたらどうか、ラジコン1に問い合わせたところ、以下のような回答が返ってきました。

「Tプラグの許容電流は60Aが基本です。せいぜい流れても80Aです。

SU35のMAX電流は100Aを超えますから、Tプラグではパワーが出ません。

なので、バッテリーのコネクターは5,5mmにすべきです。

充電は少ない電流でOKですので、充電側は5,5mmのオスが無くても結構です。

例えば、ワニ口のクリップで バッテリーのメスを繋いでも良いわけです。」

ということらしいです。。

あまりバッテリーを改造したくはありませんが、この場合コネクターの交換は止むおえないのでしょう。

ショートさせると怖いですね~・・・・・。

アンプ側が6㎜ピンだったら、6㎜ピンがついたバッテリーがあるのでよかったのですが・・・。

5.5㎜のピン(メス)のバッテリーは、探したところありませんでした。

アンプ側の5.5㎜ピンを6㎜ピン(オス(-)・メス+))に交換して、6㎜ピン(オス・メス)が標準でついているバッテリーを選択する手もありますね・・。

コネクターは6.0mmオスメスゴールドピンが付いてます。

s-KT6S.jpg

これもどんなもんでしょうか・・・。

考えましょう・・・・。







SU-35の製作 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。