So-net無料ブログ作成

隔週刊東宝・新東宝戦争映画DVDコレクションの2冊を購入する。 [映画]

デアゴスティーニで隔週刊東宝・新東宝戦争映画DVDコレクションが発売されています。

そのうちの2冊を購入してみました。

商品概要
潜水艦ろ号 未だ浮上せず

issue_26_1.jpg

号数:第26号

作品解説

昭和29年公開
潜水艦ろ号 未だ浮上せず
太平洋戦争末期、制海空権を奪われた日本海軍・潜水艦ろ号は、敵機の来襲に追われながらも輸送作戦、雷撃戦を行っていた。久しぶりに横須賀に帰投した乗組員らは束の間の陸の時間を満喫するが、満身創痍の出撃は繰り返される。やがて、ろ号に最後の出撃命令が下った……! 帰らざる出撃を余儀なくされる潜水艦ろ号の奮戦と乗組員たちの悲壮を描いた新東宝空前の海戦超大作!

スタッフ
監督:野村浩將
脚本:新井一/野村浩將
原案:高橋一朗

キャスト
藤田進、小笠原弘、美雪節子、中山昭二、若杉須美子、岬洋二、細川俊夫、浦辺粂子、片桐余四郎、小川虎之助 他

商品概要
戦艦大和

issue_5_1.jpg

号数:第5号
作品解説

昭和28年公開
戦艦大和
昭和20年3月末。米艦隊による沖縄周辺への進攻を阻止すべく、戦勢挽回に最後の希望を賭けた沖縄特攻「天一号作戦」の実施が決定した。戦艦大和を旗艦とする軽巡洋艦矢矧以下駆逐艦10隻による第二艦隊は瀬戸内海三田尻冲を進発、一路沖縄へ舵を取るが九州南方上で米軍の雷爆撃を受ける……。新東宝が戦後いち早く戦艦大和による特攻作戦を描いた凄惨悲壮の超大作!

スタッフ
監督:阿部豊
脚本:八住利雄
原作:吉田満

キャスト
藤田進、船橋元、高田稔、佐々木孝丸、小川虎之助、見明凡太郎、伊沢一郎、片山明彦、中山昭二、久我美子 他

<デアゴスティーニのHPから引用しました>

どちらの作品も、昭和28年、29年に公開と終戦後間もない時期なので、戦争のリアルさ悲惨さ、非情さなどがひしひしと伝わってきます。

なかなかの名作ではないかと思っています。


アウターリミッツ シーズン1 ダイジェスト [映画]

アウターリミッツ シーズン1 ダイジェスト

アウターリミッツは、小学校低学年の時に診ていたような気がします。
このオープニングには記憶があります・・・。

今のSFよりSFっぽいような気がしてなりません。
単なるノスタルジーかもしれませんが・・・。




Ghost Recon Future Soldier : Future War [Europe] [映画]

Ghost Recon Future Soldier : Future War [Europe]




謎の円盤UFO 第1話 宇宙人捕虜第1号 [映画]

謎の円盤UFO 第1話 宇宙人捕虜第1号



懐かしいですね・・・。

でも、今見ると設定とかストーリーとかいまいちでしょうか・・・・。

時代設定は、1980年代だそうで、もう過去の物語です。

1999年、2001年、2010年とSFの未来設定は、すでに過去になってしまいました・・・。

まあ、最初の1話を見ればもういいかな・・・。




ガス人間第一号 予告編 東宝 HD版 [映画]

ガス人間第一号 予告編 東宝 HD版




電送人間 予告編 東宝 HD版 [映画]

電送人間 予告編 東宝 HD版




美女と液体人間 予告編 東宝 HD版 [映画]

レンタルがあれば観てみたいですね・・・。

美女と液体人間 予告編 東宝 HD版




人間魚雷回天(1955) [映画]

人間魚雷回天(1955)




潜水艦ろ号未だ浮上せず(1954) [映画]

潜水艦ろ号未だ浮上せず(1954)

 終戦から十数年で製作された映画ですね。

出演者もすべての人が戦争を経験しているのでしょう・・・。

最近の戦争映画と比べてると戦争の現実がひしひしと感じられる映画です。




【パブリックドメイン】戦艦大和(1953) [映画]

【パブリックドメイン】戦艦大和(1953)




この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。