So-net無料ブログ作成

(35008F1)アイオワ級戦艦 BB-62 ニュージャージー 改装後用 ディテールアップをまた購入してしまいました。 [プラモデル]

「(35008F1)アイオワ級戦艦 BB-62 ニュージャージー 改装後用 ディテールアップ」をまた購入してしまいました。

s-P1050025.jpg

最後の一個だったようです。

ポントス/ホビーデカールの製品は、なかなか入りません。

細かい部品が多く、失敗することも多く、予備として購入しました。

まあ、お金がかかりますが、まだ腕前が良くないので、勉強代だと思っています。

模型を作る度に、ああすればよかった、こうすればよかったなどと考えることも多く、見ごたえの高い模型を作るには、何回も経験を積むことが重要なのかもしれません。

この製品を購入した販売店は、ホピーランドというお店です。

初めて購入するところですが、なかなか品揃えが面白いです。

マニアックですね。

これからも少しチェックしておきましょうか。

商品の在庫数は少ないようで、「(35008F1)アイオワ級戦艦 BB-62 ニュージャージー 改装後用 ディテールアップ」も、私が購入したら売り切れになってしまいました。

でも、なかなか面白そうなお店です。


How to Trasport M1 Abrams by Train: Tank Rail Ops [ミリタリー]

How to Trasport M1 Abrams by Train: Tank Rail Ops



ハングル文字が見られるので韓国でしょうか・・・・。

日本でも、ベトナム戦争時に、アメリカ軍の相模総合補給廠でM-48戦車を修理して横浜線で横浜ノース・ドックまで運んだということを聞いたような気がします。

珍しい映像ですね・・・。




Artillery Battery Barrage • U.S./ROK Marines Live-Fire [ミリタリー]

Artillery Battery Barrage • U.S./ROK Marines Live-Fire



私の祖父が日本帝国陸軍の砲兵部隊に所属していました。

戦地へも出向いたようです。

私の祖父は、大工の棟梁をしていて、身体は丈夫で力も強かったそうです。

家には、砲兵の心得のような本がありました。

戦地では、野砲などの部品を背負って移動することがあったらしく、砲兵には体力が要求されたそうです。

この映像を見ても、昔ほどではないかもしれませんが体力が必要に思えます。

私は体力がないので(知力もないですが・・・)、砲兵にはなれそうにありません・・・。(^^ゞ


MOST ADVANCED NATO Military Global Hawk UAV Aircraft [ミリタリー]

MOST ADVANCED NATO Military Global Hawk UAV Aircraft



グローバルホークは、確か日本でも導入することになっていますね・・・。

3機購入して、地上設備も含めて1500億円だそうです。

まあ必要経費というところでしょうか・・・。




中断していた「アメリカ海軍戦艦 BB-62 ニュージャージー(現用戦艦)」を再開しようかと・・・。 [プラモデル]

 2年ほど中断していた「アメリカ海軍戦艦 BB-62 ニュージャージー(現用戦艦)」を再開しようかと思っています。

タミヤのプラモデルで、1982年当時の姿を再現しています。

s-P1050023.jpg

【 4度の戦火を闘い抜いた歴戦のビッグJ、1982年の姿 】 第二次世界大戦中にアメリカ海軍が建造した最大の戦艦であり、また最後の戦艦となった排水量45,000トンのアイオワ級。その2番艦として誕生したのが「ビッグJ」の愛称で知られるニュージャージーです。1944年初頭から太平洋戦域を転戦しましたが、航空機の発達は海洋戦の姿を大きく変え、1948年には早くも第一線を退くことになったのです。朝鮮動乱、ベトナム戦争では強力な砲力に期待がかけられ、2度にわたって現役に復帰したものの、1969年に再び予備役に編入。ところが、1981年、レーガン大統領の海軍力増強計画により、アイオワ級4隻の戦艦を近代化しての現役復帰が提案され、その一番艦としてニュージャージーが選ばれたのです。復帰にあたりトマホーク巡航ミサイルやハープーン対艦ミサイル、バルカン・ファランクスなどの最新鋭兵装を整備し、レーダーやECMなどの電子装置も強化。ミサイル戦艦として1991年の退役まで活躍しました。その後、1995年に除籍となり、フィラデルフィアに移されたニュージャージーは浮かぶ博物館としてその姿を今に留めています。

船体の塗装まではやりました。

s-P1050024.jpg

ディーテールアップには、ポストスモデルの製品を購入しています。

s-P1050025.jpg

メーカー:ポントスモデル
タミヤの1/350スケール「アメリカ戦艦 ニュージャージー」(品番:78017)を、ディティールアップできるパーツのセットです(第二次大戦時のものでは無く、現用のニュージャージです)。最近一部改良されて発売された「1/350 アメリカ海軍戦艦 BB-62 ニュージャージー」(品番78028)を使用することも出来ます。
真鍮挽き物パーツ92点、エッチング5枚、木製甲板、レジンパーツ約88点、ドライデカール1枚がセットになっています。

前作のミズーリもポストスモデルを使用しました。

ポストスモデルのスーパーディティールセットはエッチングパーツやデカール、金属製の部品(砲身など)、レジンパーツ(ミサイルやヘリコプターなど)で構成されています。

なかなかマニアックな部品で、難易度も非常に高いです。

ほんとうに組み立てられるのかと思うことがあります。

前作のミズーリでは、組み立てられず失敗した部品が結構あります。

現用戦艦は、何か惹かれるものがあります。

ミズーリでは、いろいろ反省するところがあるので、今度は失敗しないようにしたいと思います。

このポストスモデルの製品は、なかなか手に入りません。

ニュージャージー(1/350、現用戦艦)のポストス製品は、今のところ未入荷の状態が続いています。

また、エッチングパーツ類はかなり細かく、老眼の私だとかなり作るのが難しいです。

s-P1050026.jpg

手すりも細かいし、アンテナの線を張るのも難しいです。(穴に細いアンテナ線を通すのが難しい)

でも、再度挑戦してみましょう・・・。

模型製作を極めたいですね・・・。


USS Hartford (SSN 768) surfaces at the Arctic circle for ICEX 2016 [ミリタリー]

USS Hartford (SSN 768) surfaces at the Arctic circle for ICEX 2016



久し振りのブログ更新です。

転職して、2か月になろうとしています。

なかなか忙しくなってきました。

前職同様、厳しいですが、英語に悩まされることはなくなりました・・・。

前職は、オーナー企業だったので、オーナーの一言で何もかも決まってしまいます。

まあ、仕事に英語は、まったく必要なかったのですが・・・。

社食が無料だったのは良かったのですが・・・。

そういえば前前職は、カップの飲料販売機が無料でした・・・。

外資系企業でした。

前前職も英語が必要でしたが、TOEICを受けろとかはなかったですね・・・。

まあ、ドキュメントが英語なのには悩まされましたが・・・・翻訳サイト大活躍です・・・・まあ、あまり正しくは翻訳されなかったですが・・・。

外人が来てしゃべるのにはついて行けませんでした。

前々前職は、日本の企業でした。

代表的な日本の企業で、仕事してない人もたくさんいましたっけ・・・・。

今思えば天国かもしれません・・・・・(^^ゞ


匠の息吹を伝える~"絶対"なき技術の伝承~ (69)原音の探求 ~真空管アンプ製造~ [オーディオ一般]

匠の息吹を伝える~"絶対"なき技術の伝承~ (69)原音の探求 ~真空管アンプ製造~



まあ、オーディオのせかいはいろいろな考え方がありますね・・・。


[軍事]SM-3ミサイル&AN TPY-2レーダー「ミサイル防衛システム」 [ミリタリー]

[軍事]SM-3ミサイル&AN TPY-2レーダー「ミサイル防衛システム」




この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。