So-net無料ブログ作成
検索選択

匠の息吹を伝える~"絶対"なき技術の伝承~ (69)原音の探求 ~真空管アンプ製造~ [オーディオ一般]

匠の息吹を伝える~"絶対"なき技術の伝承~ (69)原音の探求 ~真空管アンプ製造

 原音とは、どのようなものなのでしょうか・・・。
私は、あまり原音にはとらわれることはしませんが・・・・。
あまりコンサートにも行かないし・・・。
コンサートの音が原音なのかもわからないし・・・。
目の前で演奏されたとしても、コンサートホールや部屋の影響は排除できないだろうし・・・。
まあ、あまり深く考えるつもりもありません・・・私はいい加減なので・・・。

原音とは、CDとかレコードに記録された信号を正確に再現することなのでしょうか・・・。

ただ、音の世界はいろいろな考え方があるようです・・・。





最高のスピーカーの作り方 ドキュメンタリー [オーディオ一般]

最高のスピーカー作り方 ドキュメンタリー

元気なお爺さんですね・・・。
こういう人もいるのですね・・・。
平面スピーカーは、昔ソニーが作っていたような・・・。






StuKa Ju 87 [ミリタリー(戦記)]

StuKa Ju 87



逆ガル翼の複座機で固定脚が外見上の大きな特徴で、急降下爆撃機らしいガッシリとした武骨なフォルムをもつ。急降下爆撃の機動に耐えるため機体構造が頑丈で、整備も容易であったため反復攻撃をこなす事ができる実用性に富む機体であった。逆ガル式の翼が生み出す下方視界の良さと、安定した急降下性能のため、精密な爆撃を行うことができ、急降下時にサイレンのような音を立てることから連合国側からは「悪魔のサイレン」の異名で恐れられた。後に機体に小型プロペラにより駆動されるサイレンを取り付け、標的となった陣地などの敵兵を恐慌へと追いやり地上部隊の進撃を爆撃と心理面で援護することになる。しかし、大戦も後期になると逆に航空優勢な連合軍に対してサイレンの効果が薄れたためサイレンを取り外し、台座だけが残っている記録写真もある。
頑丈、すなわち重い機体構造という急降下爆撃機の特性ゆえの弱点があり、低速、鈍重で防弾設備が貧弱だったため、空戦能力は低く制空権を確保した状態での攻撃にしか適さなかった。また、燃料搭載量にも機体の重さのしわ寄せがいき、航続距離が短く行動半径が狭かった。
開戦当初のJu 87は大きな戦果を上げたのだが、ドイツ空軍上層部は能力を過信し、「急降下爆撃こそが至上の爆撃である」と誤った認識をもった者も多かった。特に、ドイツ空軍最高司令長官ヘルマン・ゲーリングの"急降下爆撃熱"はひどかったと言われている。そのため、戦略爆撃機He 177を含めた水平爆撃を任務とする機体の多くに急降下爆撃能力を求めたり、戦略爆撃機、後継機の開発を怠るなど開発に悪影響を与えた。また、その認識の甘さはバトル・オブ・ブリテンでの大損害を生む原因ともなった。
1942年頃から陸上では単発爆撃機は活躍の場を失いつつあり、ドイツ空軍でもFw 190FやGなどの対地襲撃機・戦闘爆撃機型が登場しているが、旧式化したJu 87もダイブブレーキを外し、襲撃機として生産され続けていた。

wikipediaより引用
(参照:https://ja.wikipedia.org/wiki/Ju_87_(%E8%88%AA%E7%A9%BA%E6%A9%9F)


赤坂 新規バー&サロン『のら犬』JBL 4343B for new Bar & salon "Norainu" in Akasaka Tokyo. Sound designed by KENRICK [オーディオ一般]

赤坂 新規バー&サロン『のら犬』JBL 4343B for new Bar & salon "Norainu" in Akasaka Tokyo. Sound designed by KENRICK

こんなサロンに行ってみたいです・・・・。




LARGE SCALE RC FLY EAGLE SWING WING GRUMMAN F14 TOMCAT - WESTON PARK MODEL AIRCRAFT SHOW - 2013 [ラジコン飛行機]

LARGE SCALE RC FLY EAGLE SWING WING GRUMMAN F14 TOMCAT - WESTON PARK MODEL AIRCRAFT SHOW - 2013

ラジコンの世界もすごいですね・・・。

このF-14は、可変翼で後退翼でも飛ばせるようです・・・。

操縦は難しいのでしょうね・・・。





CONCORDE AIR FRANCE HUGE RC SCALE TURBINE MODEL JET DEMO FLIGHT / RC Airshow Airliner Meeting 2015 [ラジコン飛行機]

CONCORDE AIR FRANCE HUGE RC SCALE TURBINE MODEL JET DEMO FLIGHT / RC Airshow Airliner Meeting 2015

ノーズコーンも上下するみたいですね。

離陸するときにジェットタービンのオレンジ色の炎が見えるのが本物っぽいです・・・。




Swedish Armed Forces 2015 • Försvarsmakten [ミリタリー]

Swedish Armed Forces 2015 • Försvarsmakten




ヤフオクでVictor SX-500 DOLCEを購入しました。 [オーディオ一般]

 ヤフオクでVictor SX-500 DOLCE スピーカーを購入しました。
一応、中古ですが販売店で以下のような、レストア・チューニングをしてもらっています。

因みに、NS-10MT,NS-20Mも同じ販売店で購入しています。
中古のスピーカーは多少なりともメンテナンスがされているものを購入したほうが良いと思います。
----------------------------------------------------------------------------------------------
この Victor SX-500 DOLCE をベースに、重要な内部の線材には16ゲージと20ゲージのクワッドケーブルを使用して、ニュークライオを施し、 いつもの様に相方向性を基準に張り直しました。
新たに温度-198℃(-200℃)で時間も長くかけ温度を下げ、また常温に戻す時間も多くいたしましたので、 ケーブルの分子も今までより整い音も今までより更に滑らかで繋がりがとてもスムーズになりました。

また、エンクロージャー内部の吸音材を全て交換して乱反射防止対策を施し、各ユニットのケアと、端子の磨き込みと、 ネットワークのツイーター部の電解コンデンサーは並列2本中2本をオーディオグレードのフィルムコンデンサーに交換いたしました。
ウーハーのエッジも柔軟剤を塗りソフト仕上げ致しましたので、柔らかく弾力がありとても状態が良いので低域の鳴りもスムーズで良い音が出ております。
--------------------------------------------------------------------------------------
s-P1040958.jpg

s-P1040959.jpg

s-P1040960.jpg

s-P1040961.jpg

Victor SX-500 DOLCE 2ウェイ2スピーカー 密閉式 ブックシェルフ型 防磁設計

2.jpg

使用ユニット 低域用 20cmコーン型
       高域用 3.5cmドーム型

定格インピーダンス  6Ω
定格入力       45W(EIAJ) 最大入力       180W(EIAJ)
周波数特性      40Hz~30000Hz
クロスオーバー周波数 3000Hz
出力音圧レベル    90dB/W/m

外形寸法  幅 270mm 高さ 454mm 奥行 293mm
重量    1台 12.5kg 1ペア 25kg
付属品   取扱説明書・背面ターミナル保護クッション 1ペア

s-1.jpg

s-600x450-2015110200008.jpg

s-600x450-2015110200012.jpg

オーディオの軌跡からの以下は引用です。
------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
ローレベルにおいてのリニアリティに目標を置き、開発された2ウェイスピーカーシステム。

s-sx-500dolce(1).jpg

低域には20cmのコーン型ユニットが採用されています。
振動板には、クルトミューラー社製のコーンが採用され、その特性をより高めるために、独自のノウハウのコーディング剤をバックコートし、再生レンジを拡大しています。
また、小音量時でもダイナミックな音を再生するためにスパイダーサスペンション(蝶ダンパー)で支持しています。このダンパーは、今までの蝶ダンパーを基本に、試聴とコンピューター解析を繰り返し、形状を決定しています。

高域には3.5cmのドーム型ユニットが採用されています。
羽二重の絹を素材として使用しており、その成形後に多層塗布法により、薄膜ゴムをラミネートしています。

低域、高域のユニットそれぞれに磁気特性のすぐれた内磁型アルニコ磁気回路を加え、純度99.9999%の6N銅線ボイスコイルを採用しています。

キャビネットは中低域の厚みと自然に減衰する美しい音を求めて、9層構造のバッフルボードを採用しています。
カラ松ランバーコアを高密度高剛性針葉樹の3プライ積層板でサンドイッチし、さらに表面をオークのつき板シアゲとした9層構造としています。
また、ターミナル部の強度を増すために、背面をフラット化。振動モードをシンプルにしたため、自然な減衰特性が得られています。
さらに新Gラインユニットレイアウトなど、ビクター独自のキャビネット技術を投入しております。
内部の吸音材にはウール100%を採用しています。

ネットワークにはビクター独自のOFC(無酸素銅線)を使用し、各ユニットは独立配線で内部干渉を防止しています。
また、カシメ接続で接点ロスをなくし、ターミナルには金メッキを採用しています。
----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
内磁型アルニコ磁気回路が少し気になり購入してしまいました。

アルニコ特徴は、以下のようだそうです。(wikipediaより)
アルニコ磁石(Al-Ni-Co)は、アルミニウム (Al)、ニッケル (Ni)、コバルト (Co) などを原料として鋳造された磁石(鋳造磁石)である。「アルニコ」の名前の由来は、各元素記号を単純に並べたものである。鉄や銅などを添加物として加えることがあり、強い永久磁石として利用される。
【強い磁力】
一般的に利用可能な磁石として、ネオジム磁石やサマリウムコバルト磁石などの希土類磁石(レアアース磁石)と同じくらいに強い磁力を持つ。アルニコ磁石は地球磁場の約3,000倍に相当する1,500ガウス程の磁束密度を持つ。また、アルニコ合金は、約800度の高いキュリー点を持つ。
【欠点】
保磁力がそれほど大きくないため、反磁界の大きい薄板形状では自己減磁のために使用することが出来ないという欠点がある。

【スピーカーユニットへの利用】

外磁型と内磁型

470px-2TypesOfSpeaker.svg.png

アルニコ磁石はスピーカーユニットによく用いられている。スピーカーユニットに使用するアルニコ磁石は丸棒型をしており、帯状の軟磁性体材料を四角に折り曲げてくびき穴を開けた、ないし円筒状のヨークと、このくびき穴の内側にある丸棒状のセンターポール(これも軟磁性体材料)に接着されている。このような構造を「内磁型」という。ヨークのくびき穴とセンターポールの隙間に磁束が集まるので、そこにヴォイスコイルを置いて接着されているコーン紙を振動させて音を発生させる。
冒頭で述べた通り、20世紀半ばよりフェライト磁石がアルニコ磁石を置き換えていったが、フェライトの特性上、強い磁力を得るために長さを短く直径を太く、丸棒状というよりは円盤状にする必要があり、必然的にドーナツ状の「外磁型」にせざるをえない。そうするとユニットが嵩張って扱いに不便となる。また磁場がユニット外部に漏れるため、磁場の影響が問題視される機器にスピーカーを近づける事ができなくなる。ブラウン管式のテレビがまさにそれであり、いわゆるAV化において不利であった。これに対しアルニコ磁石は、長さを長くして前述のように丸棒状にした方が磁力を得るためには有利であり、また保磁力の点でも長くする必要がある。さらに磁場がヨークによって閉じ込められ外部への漏洩が小さく、ユニットは小型にまとまる。難点はユニットが高価になる事と経年に伴う減磁である。
上記の事情から、1980年代半ば以降のAVブームとともに、価格が高くともあえてアルニコ磁石を採用するスピーカーの例が増えた。AV用としてのほか、音質の良さも宣伝されたが、アルニコ磁石のスピーカーがフェライト磁石のそれよりも音質的に優れるとする科学的根拠は無い(もっともオーディオ製品の多くに言える事である)。ちなみにフェライト磁石を用いたスピーカーであっても、磁場を外部に漏らさない設計は不可能ではない。内磁型のアルニコ磁石は元より磁場を外部に漏らさない構造になっているが、外磁型のフェライト磁石は磁場を漏らさないために別途対策が必要となる、という違いだけである。現在ではテレビはブラウン管から、主に液晶に移行したため、磁場が外部に漏れる事は問題視されない。

以上、Wekipediaからでした。

まあ、特にアルニコが良いというわけではないのですが、なんとなくSX-500はアルニコ内磁型ということで興味があり購入した次第です。

アルキコというよりは内磁型のスピーカーの音はどうだろうかということでしょうか・・・。

聴いてみると・・・

音はメリハリのある深みのある音でしょうか。
モニター系というよりは、楽器が鳴っているような音です。
エンクロージャーが良いのでしょうか・・・。

同価格帯のNS-20Mとは基本的に音は同じですが、モニター系と楽器が鳴っているというような違いがるような気がします。

とても満足しています。

これで部屋がスピーカーだらけになってしまいました。

あとJBLのスピーカーが欲しいです・・・。


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。