So-net無料ブログ作成

InterNet Radioを聞いています。 [オーディオ一般]

 最近はインターネットラジオを聴いていることが多いです。
iPadで、VU Radioというアプリで、

s-P1040896.jpg

ドック&DAC:TEAC DS-H01
アンプ:SANSUI AU-D707XD
スピーカー:YAMAHA NS-20M

というシステムで聴いています。

VU Radioは、VirginiaMusicというサイトを聞いています。

s-screen568x568a.jpg

s-screen568x568 (1).jpg

サイトが、JazzとかPopとかClassicとかジャンル分けされているので探すのが便利です。
また、ビットレートも表示されるので、高音質のサイトを探しやすいです。

Jazz Vocalを主に流しています。

192kbpsなので結構音質も良いです。


NS-20Mを修理しました。 [オーディオ一般]

 NS-20Mを修理しました。

s-P1040897.jpg

上部の後ろ側の角が欠けてしまいました。

s-P1040931.jpg

なぜかけたのかわかりません。
私は落としたりぶつけた記憶はないのですが・・・。
いったい誰が・・・・。

そんなことで修理を行いました。

NS-20Mのエンクロージャーは、MDFに木目の化粧板が張り合わせてあります。
欠けたところを見ると、MDFが欠けてしまい、化粧板もはがれています。

一応化粧板を、瞬間接着剤で接着しました。

角が欠けてしまったので、成形しないといけません。
成形する場合、エポキシを使用して成形するのが良いのですが、今回は木工パテを使用して成形しました。
このような場合、本来はエポキシを利用するのでしょうが、MDFの欠けた部分がデコボコしているので接着性を考えて木工パテにしました。
また、扱いも木工パテは、適度な粘性なので成形しやすいです。

強度の点ではエポキシにはかないませんが、それなりに硬くなります。

まず、木工パテを使用して角を成形していきます。
このとき、パテがMDFのギザギザした部分にも入り込むように押し込みます。

s-P1040933.jpg

木工パテが乾いたら、150番程度の紙やすりで表面を平らにします。

s-P1040934.jpg

s-P1040935.jpg

次に塗装です。
塗装には、アサヒペン 水性ステイン ブラックを使用しました。
3度塗り程度しました。

s-P1040936.jpg

乾いたら、水性ニスで艶を出します。

s-P1040937.jpg

s-P1040940.jpg

これで完成です。

少しデコボコしていますが、まあしょうがないですね。
まあ、これで遠目には傷がわからなくなりました。

オーディオ雑誌の製品評価は、どうしてブラインドテストでやらないのでしょうか・・・ [オーディオ一般]

 良く思うのですが、オーディオ雑誌で製品の評価の記事が必ずありますが、あれはブラインドテストをしないと信用できないのではないでしょうか・・・。

 製品を前にして、あーだのこーだの感想を言われても、製造会社や製品名がわかっていれば先入観が必ず入るでしょう・・・。

アキュフェーズの50万ぐらいするアンプだと思えば、安っぽい音だとは評論しないでしょう。
もしそのように評論したら正直者かもしれません・・・。(^^ゞ

オーディオ界には、いろいろな都市伝説があるけれど、ブラインドテストではっきりさせてもらいたいですね・・・。

技術的な説明も一応はされていることがありますが、ほとんど説得力がないのではないでしょうか・・・。

まあ、オーディオ雑誌の評論はあまり参考にはしていません。
オーディオ製品を買うときは、メーカーとデザイン、まあほとんど勘でしょうか・・・。

あと値段でしょうか・・・コスパも重要です・・・・。
身の丈に合うオーディオシステムを心がけています。

それしかないですよね・・・。

音が良いとかその場ではわからないですよね・・・。

家で実際に鳴らしてみないと・・・。


アナログプレーヤーの音が良くなりました。 [オーディオ一般]

 LPの再生音に満足していなかったのですが、もう一度カートリッジの針圧を調整してLPを再生してみました。

s-P1040927.jpg

再生してみると前よりは良くなってきました。
LPを4回程度再生してみると・・・・驚くことに音が良くなってきました。
3種類のLPを、計10回程度再生してみると、大分音が良くなりました。

s-P1040926.jpg

s-P1040924.jpg

これは、ならし(エイジング?)の効果なのか、私の耳が慣れたのか・・・・。

良くはわかりませんが、確かに音は良くなってきました。

そういえば、カートリッジのDL103Rもそれほど使っていないし、MCトランスもそれほど使っていません。

やはりエージングの効果なのでしょうか・・・。

あと、前回再生したときは、音量を絞っての再生でした。
今回は、そこそこ大きな音で再生してみました。(妻が不在だったので・・・(^_^;))
MCカートリッジは、出力が小さいのでMCトランスを通しても、かなりボリュームを回さないと適当な音量になりません。

今回は、気兼ねなく音量を上げて試してみたのも良かったのかもしれません。
やはりスピーカーは、小さな音では本領を発揮できません・・・。
なかなかできないのですけれど・・・。

もっとLPを再生して音が変わっていくか経過を見てみましょう・・・。

試したLPは・・・・

 静かなるケニー:ケニー・ドーハム

 s-P1040930.jpg

 トランペットの高音とベースの低音が魅力的です。

 ジス・イズ・アニタ:アニタ・オデイ

 s-P1040928.jpg

 ボーカルが素晴らしいですね・・・。

 SELF CONTROL:LAURA BRANIGAN

 s-P1040929.jpg

ボーカルに張りがありきれいな声です・・・。

 どのLPも30年前ぐらいに買ったれものでしょうか・・・。


YAMAHA GTR-1000が届きました [オーディオ一般]

YAMAHA GTR-1000 ラックが届きました。

0A7095FF53AC4168B595A83B8B26363F_12073_14.jpg

外形寸法:(幅×高さ×奥行) 580W×440H×440Dmm
質量 :32kg(棚板含む)
耐荷重: 120kg(天板)、35kg(棚板)

s-P1040921.jpg

s-P1040922.jpg

s-P1040923.jpg

頑丈にできています。

それにかなり重いですね。

YAMAHAの製品は、楽器を作っているせいか、ラックにしろスピーカースタンドにしろなかなか良いです。

早速、レコードプレーヤーを設置してみました。

再生音ですが・・・・う~ん・・・やはり今一ですね・・・。

何が良くないのでしょうか・・・。

アナログプレーヤーかな・・・・。

アンプは、iPadからの音は素晴らしく良く再生できているので、問題ないかと・・・。

フォノイコライザーでしょうか・・・。

良く考えてみましょう・・・。


アナログ再生環境の改善 [オーディオ一般]

 先週は、体調が良くなくしばらく会社を休んでいました。
ブログもあまり更新できず、皆様方のブログにも訪問できず申しわけありません。
なんとか回復してきたので、ぼちぼち再開したいと思います。

 今のアナログ再生の音は、納得していません。
CD、DACなどのデジタル系の再生には、非常に満足しています。
デジタル再生は、申し分なく良いので、スピーカーには特に問題ないかと思います。

今のアナログ再生の環境は、

プレーヤー:KENWOOD KP1100
カートリッジ:DENON DL-103R
MCトランス:DENON AU-300LC
アンプ:YAMAHA A-S2000
スピーカー:YAMAHA NS1000M

s-P1040854.jpg

以上のようなシステムです。

ラックもかなり頑丈なものを使用しており、ラックの下には御影石を置いて振動対策を行っています。

それなりに工夫したのですが、アナログ再生は今一つ納得していません。

カートリッジが、MM型の時は、それほど悪く感じなかったような気がします。
MC型のDL-103Rに変えてから少し納得しなくなりました。
そこで、MCトランスを購入してみました。
DENON AU-300LCをヤフオクで購入し試してみましたが、それほど変わりません。
MMカートリッジに戻そうかとも思いましたが、せっかくDL-103Rを購入したのでなんとか良くしたいと思い、アンプをSANSUI AU-D707XDに変更してみました。

最近、オーディオ機器には相性というものがるような気がしています。

AU-D7007XDはセカンドシステムとして使用しており、

入力装置:iPad2
ドッキングステーション、DAC:TEAC DS-H01
アンプ:AU-D707X Decade
スピーカー:YAMAHA NS20M、NS10MT

s-P1040894.jpg

s-P1040895.jpg

s-P1040905.jpg

上記のような構成で、主にiPad2でインターネットラジオを聞いています。
かなり良い音で、NS20M、NS10Mをならせてくれます。

因みに、NS20M、NS10Mはロビン企画、NS1000Mはケンリックサウンドというところでメンテナンスをしてもらっているので、かなりの古いスピーカーですが、非常に良い音で鳴っています。

私が思うに古いスピーカーは、メンテナンス済みのものを購入するか、メンテナンスしてもらうと良いのではないかと思います。綺麗になりますし、スピーカー端子を良いものに交換してもらうとY型プラグも使用できます。

そこで、アナログ再生環境を改善するために、このAU-D707XDの環境に移そうかと思いました。

KP-1100をAU-707XD環境に移します。

そこでラックを頑丈なものにしようと考えYAMAHA GTR-1000をヤフオクで購入してみました。
今まではラックとしてチープなテレビ台のようなものを使用していたので、アナログプレーヤーを載せるのには無理があるでしょう。

AU-D707XDは、フォノ入力にMCも選択でき、MCはMCヘッドアンプを使用したトランジスタ方式ではなく、MCトランスを使用しています。

外付けのAU-300LCとどちらを使用しましょうか・・・・。

まあ、試してみましょう。

ラックのGTR-1000は、連休明けに届くと思うので試してみるのが楽しみです。


USMC Tribute - Till I Collapse [ミリタリー]

USMC Tribute - Till I Collapse




NATO Special Forces - Radioactive - Imagine Dragons [ミリタリー]

NATO Special Forces - Radioactive - Imagine Dragons




Allan Taylor plays Colour To The Moon [music(Blues)]

Allan Taylor plays Colour To The Moon

Allan Taylor は好きなアーティストです。特にこのColour To The Moonは心に沁みわたります。
ギターといい声といいい・・・・何とも言えないです。
何回も何回も繰り返して聞いていました。



これをAU-D707XDとNS-20Mで聴いています。
ブルースはなぜかSUNSUIのAU-D707XDが合っています。

NS-20もいいのですがこの曲を聴いているとJBLのスピーカーが欲しくなります。

古いJBLでもヤフオクで手に入れようかな・・・。


15 Years in NATO | Polish Army [ミリタリー]

15 Years in NATO | Polish Army

ポーランドは、EU、NATO加盟国です。昔はワルシャワ条約機構の加盟国でした。
ポーランド陸軍の装備を見ても、小銃はAK47、T-72を装備していると思えば、レオパルト2も装備しています。ロシア製、ドイツ製、アメリカ製など混在しています。

それにしても対テロ戦というのが重要視されてきているようですね・・・。




この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。