So-net無料ブログ作成
検索選択

US Air Force FASTEST STRATEGIC AIRCRAFT ever the XB-70 Valkyrie [ミリタリー]

US Air Force FASTEST STRATEGIC AIRCRAFT ever the XB-70 Valkyrie




wikipediaより

アメリカ空軍の「ヴァルキリー計画」に基づき、ノースアメリカン社が開発した戦略爆撃機である。最高速度マッハ3でアラスカ - モスクワ間を無着陸で往復可能な超音速戦略核爆撃機として計画されたものの、大陸間弾道ミサイルの発達などで存在意義を失ったことなどから制式採用には至らず、また試作機のうち一機は空中衝突事故で失われた。
現在は残された一機がオハイオ州ライト・パターソン空軍基地の国立アメリカ空軍博物館に展示されている。識別点は、機首下が白い機体が現存する1号機(シリアルナンバー:62-0001)、黒い機体が事故で失われた2号機(シリアルナンバー:62-0207)である。
近未来的なデザインに悲劇的な結末も相まってか、飛行当時はもとより引退後もなお非常に人気の高い機体である。

―――――――――

小学生の時に、プラモデルを作った思い出があります。
その時もかっこよいと思いました。


nice!(30)  コメント(5)  トラックバック(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 30

コメント 5

ワンモア

バルキリー、こうしてみると大きいですね。
ICBMの発達で必要性が薄れたのでしたっけ。
by ワンモア (2016-06-13 20:22) 

bpd1teikichi_satoh

戦略爆撃機はバルキュリー計画がICBNの発達で必要性が薄れたかに
見えたのですが、ICBNは一度発射してしまうと中止出来ない等の
兵器として融通がきかない、核兵器は使うと必ず報復核攻撃(潜水艦
発射弾道ミサイルSLBMが主にこれを担っている)をされる等の為に通常兵器も搭載出来きて敵のレーダー網をかいくぐるB1,B2が開発さた。

by bpd1teikichi_satoh (2016-06-14 11:27) 

yo

ワンモアさん
 bpd1teikichi_satohさんに回答を頂きました。
最近は、B1も低空侵攻核攻撃用だったと思いますが、B52と同様に通常爆撃用に改修を受けたと聞いています。
ICBMは最近、旧式化が進んでいて問題になっておりそうです・・・・。

by yo (2016-06-14 15:13) 

yo

bpd1teikichi_satohさん
 ご説明頂きありがとうございます。勉強になります。
マッハ3の高高度爆撃機は、今となっては時代を感じさせますね・・・。

by yo (2016-06-14 15:18) 

bpd1teikichi_satoh

ごめんなさい間違えました!ICBN(誤)→ICBM(正)
by bpd1teikichi_satoh (2016-06-15 15:52) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。